Menu
Menu

日本室内楽振興財団

新着情報

2020/02/04

コンクール&フェスタ新着情報

アタッカ・クァルテットのメンバー交代について

 2020年4月11日(土)15:00開催予定の「世界をリードする弦楽四重奏の響宴Vol.5
アタッカ・クァルテット」公演につきまして、第2ヴァイオリン奏者の徳永慶子さん
が退団され、ドメニク・サレーニさんが後任として新たに入団されましたので
お知らせいたします。
なお、演奏会は当初予定通り開催し、このメンバー変更に伴う曲目の変更および
チケットの払い戻しはございません。
何卒事情をご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。



■ドメニク・サレーニ(ヴァイオリン)
クリーヴランド音楽院とイエール大学で学び、これまでにヴェガ・クァルテットと
ダリ・クァルテットの奏者を歴任している。弦楽四重奏奏者として、
これまでにアメリカ各地だけでなくウィーン楽友協会ブラームスホールやメキシコなど、
国内外で活躍しているほか、アトランタ・コミュニティ交響楽団では
コンサートマスター兼ソリストとして活動していた。

pagetoppagetop