Menu
Menu

日本室内楽振興財団

大阪国際室内楽コンクール
優勝メンバーによるコンサート

大阪国際室内楽コンクール優勝メンバーによるコンサート
音楽で楽しむ 「世界旅行」
第 7 回大阪国際室内楽コンクール 弦楽四重奏部門 優勝

元アタッカ・クァルテット 徳永 慶子

( ヴァイオリン )

大阪国際室内楽コンクール優勝メンバーによるコンサート
音楽で楽しむ「世界旅行」

今年 5 月開催予定だった「大阪国際室内楽コンクール & フェスタ」の延期に伴い、毎年開催しております「グランプリ・コンサート」が中止となりました。そして様々な選択肢のある中、今後の世界や日本が不透明な状況で、グランプリ・コンサートの代替コンサートを開催する事となりました。これからの状況により、やむを得ず中止という可能性もございますが、過去の優勝者の協力のもと、皆様にリモートで「世界旅行」を楽しんで頂けるよう企画いたしましたので、またいつの日は自由に世界へ旅行が出来る日を望みながら、演奏をお楽しみください。

演奏者

徳永 慶子(ヴァイオリン)
5歳でヴァイオリンを始める。 7歳で桐朋学園子供のための音楽教室に入室。17歳で渡米し、ジュリアード音楽院予科に編入。その後同楽院より学士、修士号およびアーティスト・ディプロマを得る。
2005年から2019年までアタッカ・カルテットに所属。これまでにグラミー賞(室内楽・小編成アンサンブル部門)を始め第7回大阪国際室内楽コンクール優勝、メルボルン国際室内楽コンクール3位入賞およびABC ラジオクラシック FM 視聴者賞受賞、コールマン国際室内楽コンクール優勝、アーティスト・インターナショナル・オーディション室内楽部門優勝、チェサピーク国際室内楽コンクールで最優秀賞受賞し、2007年2月カーネギーホールでのデビューリサイタルを皮切りにアメリカ、カナダ、メキシコ、南米各地、ヨーロッパ、オーストラリア、日本など世界中で演奏活動を続けている。
ソリストとしてはこれまでにスペイン国立管弦楽団、バルセロナ=カタルーニャ管弦楽団、ヴァージニア芸術祭オーケストラ、カブリーヨ音楽祭オーケストラ、ヒルトンヘッド交響楽団、アムハースト交響楽団と共演したほか、2007年の王子ホールでのデビューリサイタル以降アメリカ、カナダ、日本で多くのソロリサイタルを行っている。2016年5月にはソロでのデビュー・アルバム「 Jewels 」を NY Classics レーベルからリリースした。
米国ストリングス誌は彼女の演奏について、「しなやかに宙を舞いながら心の奥底まで問いかけてくるような音色が、純粋で透明な弓さばきによって彩られて観客を魅了した」と絶賛。また、音楽の友誌からも「音楽的パワーが強く、表現も個性的」と好評を得た。
演奏活動の傍ら教育活動にも熱心に取り組んでおり、2008年にはワシントン州で東京クァルテットの助手講師として音楽祭に参加、ニューヨーク・ハンター大学で客員講師として室内楽・ソロを教授したのち2009年夏ボストン大学タングルウッド・インスティテュートでソロ、室内楽、オーケストラ講師をつとめた。2009年にジュリアード音楽院予科でソルフェージュの講師として迎えられたのちも、ヴァイオリンの教師としてニューヨーク大学、フォーダム大学等で個人指導に力を注いでいる。
その他にも様々なプロジェクトに取り組んでおり、2012年には米国映画「 25 年目の弦楽四重奏」 ( 角川映画配給2013年 ) の出演と出演俳優( フィリップ・シーモア・ホフマン )への演奏指導を行ったほか、2016年にはアメリカでゴールデングローブ賞を受賞した人気TVドラマ、「 Mozart in the Jungle 」にも友情出演した。


小田 裕之(ピアノ)
1975 年札幌生まれ。 1998 年桐朋学園大学ピアノ科を首席で卒業しNTTdocomo 奨学金を授与される。大学卒業後「プラハ芸術アカデミー」にて研鑽を積んだ。第 13 回摂津音楽祭リトルカメリアコンクール銀賞、第 5 回東京芸術センター記念ピアノコンクール入選。文化庁助成演連コンサート、日本ショパン協会例会パウゼシリーズ等でリサイタルを行う。大阪センチュリー交響楽団、フィラルモニカ・ブラショフ交響楽団他と共演。2017年リリースの CD 「ヴルタヴァの風に乗せて」は読売新聞・夕刊サウンズ BOX 推薦盤にとりあげられ、 2019 年音楽現代 3 月号に於いては「邦人“昇龍”ピアニスト12 人を推す ( 著 : 浅岡弘和 ) 」に紹介された。
これまでにピアノを村田紘監、神野留美子、水田香、岡本美智子、B . クライニーの各氏に、室内楽を故・青木十良、クーベリックトリオに師事。
現在、桐朋学園大学非常勤講師。松原混声合唱団ピアニスト。全日本ピアノ指導者協会 ( ピティナ ) 正会員・コンペティション審査員・ステップアドバイザー。 2014年度ピティナ特別指導者賞受賞。チェコ音楽コンクール審査員。国際マルティヌー協会会員。日本ショパン協会正会員。日本ピアノ教育連盟会員。

演奏曲目

■ エドワード・エルガー
愛の挨拶 Op.12

■ ヘンリク・ヴィエニャフスキ
伝説 Op. 17

■ アストル・ピアソラ
リベルタンゴ

■ アストル・ピアソラ
オブビリオン

■ ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ヴァイオリン・ソナタ第 5 番ヘ長調 「春」 Op. 24

■ マヌエル・デ・ファリャ
スペイン民謡組曲

■ フランツ・シューベルト
エレンの歌 III 「アヴェ・マリア」 Op. 52,No. 6, D. 839 (編曲 :J. ハイフェッツ)

■ ジョージ・ガーシュウィン
「ポーギーとベス」より「サマータイム~女は気まぐれ」「そんなことはどうでもいいさ」

■ パブロ・デ・サラサーテ
ツィゴイネルワイゼン Op. 20

※ 二人の演奏を YouTube でご覧いただけます。

マスネ:タイスの瞑想曲
https://youtu.be/bNY5QuQx9bs

ファリャ:スペイン舞曲
https://youtu.be/AHyUbkev1EU

ベートーヴェン:ソナタ第 9 番「クロイツェル』
https://youtu.be/jgrO9uLbz80

モンティ:チャールダッシュ
https://youtu.be/8KbDvlmnyOE

【11/7三重公演】
●日時
2020年11月7日(土)14:30開演(13:45開場)

●会場
三重県文化会館 小ホール

●料金
全席指定 2,000円 30歳以下1,000円

●発売日
シアターメイツ会員先行発売:10月8日~ 一般:10月11日~

●お問合わせ
三重県文化会館チケットセンター TEL:059-233-1122
営業時間10:00~17:00 月曜休館(月曜日が祝日の場合は翌平日)

●主催
三重県文化会館[指定管理者:(公財)三重県文化振興事業団]
(公財)日本室内楽振興財団

●後援
中京テレビ放送株式会社

●助成
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション


【11/9大阪公演】
●日時
2020年11月9日(月)19:00開演(18:00開場)

●会場
住友生命いずみホール

●料金
一般=¥3,000
住友生命いずみホールフレンズ会員・シニア・学生=¥2,000

●発売日
一般:2020年10月5日

●お問合わせ
住友生命いずみホール チケットセンター 06-6944-1188

●主催
公益財団法人 日本室内楽振興財団
住友生命いずみホール[一般財団法人住友生命福祉文化財団]

●後援
読売テレビ
読売新聞社

●助成
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション


※本年5月開催予定だった「大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」の延期に伴い、毎年秋に開催しております「グランプリ・コンサート」が中止となりました。
https://www.center-mie.or.jp/bunka/event/detail/32797

音楽で楽しむ世界旅行2020(11/9大阪公演)

pagetoppagetop