大阪国際室内楽コンクール&フェスタ

  1. ホーム
  2. 大阪国際室内楽コンクール&フェスタ
  3. > 第9回募集要項 参加・審査

第9回 募集要項 参加・審査

3.1
予備審査

予備審査は、申込書・書類及びCD・DVDに基づき行なわれる。
審査結果は、2017年1月9日までに総ての応募団体にEメール又は書類で連絡される。

3.2
参加承認

参加承認団体には、参加に関する詳細な内容を記載した「参加要項」を同時に送付する。
尚、参加承認後にメンバーの変更が生じた場合は、その団体は参加資格を失う。
コンクール参加団体は、参加承認受信後はコンクール審査委員から課題曲についての指導を受けてはならない。

3.3
参加料

参加団体は、参加料として日本円で20,000円2017年2月7日までに着金しなければならない。
尚、送金口座、送金要領等は、参加要項に記載される。
尚、万一巨大な地震・津波等の自然災害で本事業が中止となった場合は、既に払い込まれた参加料は後日返還される。

3.4
到着確認

参加団体は指定された日時・場所で到着の確認を受けなければならない。
指定の時刻までに到着しない団体は、原則として出場資格を失う。

3.5
練習場

参加団体には、1次予選(フェスタの場合は予選。以下同様)の前日から出場資格のある期間、練習場を原則として1日3時間無償で提供する。但し、出演当日は、演奏直前のリハーサルのみとする。

3.6
演奏順

1次予選(予選)の演奏順は、所定の方式に従いその前々日に行われる出場順抽選会において決定する。
2次予選以降の演奏順は、各ラウンドの結果発表直後の抽選会で決定する。

3.7
演奏曲

コンクール応募団体は、指定の課題曲(P9~P11)の中から選択する。出版社名の記載のある課題曲を選択する場合は、その楽譜を使用しなければならない。
フェスタ応募団体には課題曲はなく、曲目は自由とする。応募団体は予選と本選用に各々5曲以内で2つのコンサート・プログラムを作成する。但し、演奏時間はいずれも、曲間・楽章間の時間を含め、30分以内とする。

3.8
審査

コンクールの審査については、別に定める審査規定に基づいてコンクール審査委員によって行われる。
フェスタの審査については、予選・本選とも主催者が委嘱した約100名の一般審査員により、別に定める審査規定に基づいて行われる。
審査結果については、いかなる者も異議不服を申し立てることができない。

3.9
結果発表

審査結果は、当日の全演奏が終了後、会場で発表される。

上部へ戻る